モンスターズインク

ディズニー映画の中で
1番好きな作品はモンスターズインクです!

一見、気持ちの悪くて怖いような
モンスターと
人間の女の子の物語。

ほっこりと心が温かくなる作品ですよね。

あの、子供を驚かせるための練習とかは
思わず笑ってしまいました(笑)

でもブーは驚いてくれないんですよね~。
そしてなぜかモンスターの世界に
着いて行ってしまうんです!

そこからはもう大変!
モンスターの世界に人間がいるなんてバレたら
大事です!

そのためサリーとマイクは必死になって隠します。

最後のお別れのシーンなんて
思わず涙が・・・
子供の頃も、こんなモンスターと仲良くなれたらな~
なんて思っていたものです。

勝手な意見ですが
この作品ではモンスターだって人間と
仲良くなれる。
つまり、みんな仲良くなれるってことを
伝えたかったんじゃないかな~なんて思っています。
色彩も豊かで、とにかく素敵な作品です。

ディズニーアニメ

小さい頃は、ディズニーアニメを
よく見ていました。

シンデレラとか美女と野獣とか。
眠れる森の美女も見たし
白雪姫も大好きでした。

ディズニーアニメのいいところは
絵が綺麗で夢があるところではないでしょうか?

子供にもディズニーアニメをよく見せていますが
ティーカップが喋ったり、虫や動物がしゃべったり。
そのたびに目を輝かせて見ていました。

そうそう、私が小さい頃は
プリンセス系よりも
101匹わんちゃんや、わんわん物語といった
犬が主人公の作品が大好きだったそうです。
ずっと犬を飼っているので
やっぱりアニメも犬が好きだったんでしょうね(笑)

我が家の子供はプリンセス系の方が
好きなようですが。。。

ついつい子供が見ていると
私まで夢中になって見てしまい
それからしばらく音楽が耳に残って
気付いたら鼻歌を歌っています(笑)

ワンピース

随分と前から
子供だけでなく、大人までも
ワンピースに夢中ですね。

我が家も夫と子供が
一緒になって漫画やアニメ、映画を見ています。

実は私も最初の頃は見ていたんです。
でも、だんだんと話が面倒くさくなっちゃって・・・
アラバスタ王国くらいまでは
順調に見ていたんですけどね~。
かなり前の方じゃん!って突っ込みは受け付けていません(笑)

夫も子供もワンピースの知識は
かなり豊富ですよ~。
海賊という生き方はオススメできませんが
人間模様というか、仲間を大事にするということは
子供にも見せたい内容ですよね。

我が家では、いつも私だけ
ワンピースの話題に付いて行けず
ちょっとした仲間はずれです(笑)

まさにワンピースこそ
親子で楽しめるアニメかもしれませんね!

サザエさんとちびまるこちゃん

サザエさんと、ちびまる子ちゃんといえば
随分と日曜の夜の定番アニメになっていますよね。
かなりのご長寿番組だと思います。

サザエさんと、ちびまる子ちゃんって
全く違うアニメのようで
共通点があると思いませんか?

いまどき珍しく
核家族じゃないこと。
両家?とも、おじいちゃん・おばあちゃん
それに両親、子供達と
3世代に渡って同居している家族です。

今はこういう家庭って
きっと珍しいですよね。

昔の日本は、このように家族だけでなく
ご近所さんみんな一緒になって子育てをしていたと聞きます。
今の子供たちは両親とだけ一緒に住んでいるのが
一般的かもしれませんが
この2つのアニメで世代交流だったり
家族の素晴らしさを感じて欲しいな~と思うんです。

それにどちらも話題が平和というか
暴力的なものは一切ないし
ほのぼのと見れるアニメですよね?
この2つは今でも時間があれば見てしまいます!

天空の城ラピュタ

数あるジブリ作品の中でも
天空の城ラピュタは
数えきれない程見ています。

あの世界観も好きですし
人間関係が、徐々に変化して
悪役だと思っていた人たちが
味方してくれたり・・・

なんだかとっても深いアニメだと思います。

小さい頃は、わぁ~すごい!くらいしか
思っていなかったと思うのですが
大きくなって見ると
シータとパズーの関係性。
それにオバサマもとっても勇敢でステキ。
ママぁ~といつも言ってる息子達も
シータやパズーのことが大好きになります。

最初はシータの持つ
飛行石を狙っていたんですけどね。

そうそう、私あまりにもこの作品が好きすぎて
モデルとなったとされるカンボジアのベンメリア遺跡に
行ったことがあります。

宮崎駿監督は否定しているそうですが
とっても似ているんですよね~。

ぜひ子供さんにも見て欲しい
そして親御さんも一緒に楽しんで欲しいアニメです。

フランダースの犬

イギリスの作家ウィーダが、19世紀に書いた児童文学で美術をテーマとした少年の悲劇「フランダースの犬」。

このアニメは何度観ても泣け色んなことを子供ながらにも考えさせられ、是非、親子で観て欲しいと思います。

主人公の少年ネロは心優しく寝たきりの祖父と忠実な老犬パトラッシュと3人暮らし。

パトラッシュは金物屋でこき使われた後に捨てられ、ネロが保護と同時に飼い始めたんです。

しかし、ネロの家は貧しく画家になる夢を見ながら一生懸命働き、親友でもある風車小屋の一人娘アロアと出会い、毎日貧しいながら、仲良く楽しい生活を送っていたのですが、裕福なアロアの両親は貧しいネロとの交際は受け入れ拒否(怒)

挙句の果て風車小屋が火事になり二人を引き離そうとネロに濡れ衣を着せ犯人に!!!

そして、残念なことにクリスマス前に大好きで優しかった祖父がなくなり、画家コンクールにも落選し(+_+)

同時に家賃を滞納していたので追い出され、吹雪の中、世間では温かい暖炉とご馳走で囲む中ネロは途方に暮れ・・・。

パトラッシュが道で全財産の入った風車小屋の財布を見つけ、ネロはパトラッシュと共に届けパトラッシュを一家に託し、一人真夜中の吹雪の中、舞台となったアントワープの聖母大聖堂に向かいます。

濡れ衣を着せた主人は数々の酷い仕打ちを悔やみ、ネロの絵を見た多くの著名な画家がネロの身元引受人になろうと思った矢先、既に手遅れでネロを追ったパトラッシュと抱き合いながら、寒さと飢えの限界により天国に・・・。

心優しい正直なネロは、パトラッシュとの深い絆や普段のよい行いで、雲間から射した一筋の月光が祭壇を照らし、ネロの
念願は果たされ神様の感謝の祈りをささげ、クリスマスを迎えた翌朝、大好きなパトラッシュと一緒に祖父のもとに旅立ちました。

村人やネロと関わった人々は悔やみきれず後悔だけが残るというお話です(涙)

思いやり、優しさ、素直さ、感謝など、アニメをあなどってはいけません!

普段、当たり前になっていることなど、自分を振り返ることができるアニメです。

「はなかっぱ」

あきやまただしさんの絵本作品でもある「はなかっぱ」は、NHK教育テレビでも放映され子供に大人気。

はなかっぱは、緑豊かな「やまびこ村」のかっぱ池に河童家族が住み、河童の頭にはお皿がのっているでしょ!

でも、お皿ではなく花が咲く「はなかっぱ一家」のお話です。

おじいちゃんは「はす」、おばあちゃんは「かすみそう」、お父さんは「ひまわり」、お母さんは「たんぽぽ」、そして、主人公のは

なかっぱの頭には「とりあえず花」が咲いているんです!(^^)!面白いでしょ!?

しかも大人になるまで頭の花は色んなお花を咲かせます。

子供は、「今日は、どんな花を咲かせるのかな?」と、楽しみにしています。

はなかっぱと家族、お友達、やまびこ村の人々は、一見、奇妙な感じですが子供には気になる存在のようです。!(^^)!

絵本からスタートした、はなかっぱは毎回、心温まるお話で様々なお花を咲かせ、子供もお花に興味を持つなど良いアニメです。

世界中で幅広い人気の「リロ&スティッチ」

ディズニーキャラクターでミッキーマウスやミニーマウスと、同じくらい大人気の「リロ&スティッチ」。
テーマは、ハワイ語でオハナは「家族。家族は何があってもいつもそばにいる。」というのが、アニメの中にも取り入れています。
リロは両親を亡くし姉のナンイと二人暮らしで、誰もが大好きなハワイのカウアイ島に住む、お転婆な5歳の可愛い女の子「リロ」。
犬を飼おうとしたもののリロはジャンバ博士の遺伝子実験で誕生した、不思議な生き物エイリアンを「スティッチ」と名付同居生活を。
二人の相性も抜群で(^^)仕草、表情すべて可愛くて、スティッチはいたずら好きで寂しがり屋。
毎日を楽しく色んなことを乗り越えながら、二人の深まっていく絆や家族の大切さなど、ハワイの温暖な気候や生活なども観ることができます。
子供と一緒に楽しめアニメのなかで美しいハワイも観ることができ、ハワイに行ったことのある人なら懐かしく行きたくなるかも?
誰であろうが血の繋がりだけにとらわれない家族で、信頼、許し合い支え合いながら共に成長しながら生きて自分の居場所を見つけ、家族を持つことができるという慈愛の感動ストーリーです。

優しい気持ちになれる「となりのトトロ」

宮崎駿さんのスタジオジブリ作品は、どれを観ても最高に素晴らしいですよねicon22

作品が発表されるたびに観たくなり大人気になります。

その中でも子供だけでなく大人にも根強く大人気の「となりのトトロ」。

昭和30年代の狭山丘陵が舞台となり、主人公のサツキとメイの家icon25は昭和を感じる草壁家も素敵でしたね~face05

空気のきれいな田舎で、アニメながら風景に癒されたりもしますicon12

そして、森に住むトトロと出会い素敵な冒険をするんですicon14

その冒険も楽しそうで!(^^)!実際に冒険をしたくなるような気分になりますicon16

何度観ても飽きずに優しい気持ちicon06になれます。

子供もメイ、トトロ、猫バスicon17が特に大好きで、この言葉に敏感に反応しますよね。

主人公のメイも明るく元気いっぱいの可愛い優しい女の子です。

また、宮崎さんの作品には夢があり、一番は子供に分かりやすく見せやすいアニメだと思います(*^_^*)

やっぱり根強い人気の「ドラえもん」

昔から馴染みあり日本だけでなく、世界中にもファンが多い「ドラえもん」。

メディアリサーチで満3歳~満12歳の子供を対称に、大好きなアニメを聞いたところ「ドラえもん」が第1位に☆☆

赤い首輪に鈴をつけたキュートな水色と白の猫「ドラえもん」と、勉強もスポーツも音痴で何をしてもドジな「野比のび太」の、
日常生活や人間関係を描き不思議なポケットでドラえもんが、いろんな秘密道具を使い過去・現在・未来・宇宙・外国に行き来き、のび太に起る問題を解決してくれるのですが、時には不適切に使った道具はしっぺ返しを受けるのです(笑)

日本では国民的な知名度もあり、今では東南アジアを中心にヨーロッパやアメリカでも人気を伸ばしているそうです。

小さい頃は、ドラえもんの不思議な道具があればいいな~!なんて思いながら、グッズを買って願いが叶うんだ!と真似てみたもんです。

親しみもありアニメの中では、友達の大切さ、思いやり、出会いや別れ、困った人には手を差し伸べるなど、アニメの中で学ぶこともたくさんあると思います。